赤い舞台に、真っ赤な主役(大井川鐡道)

ATSU0116s.jpg
抜里~川根温泉笹間渡の、大井川第一橋梁にて。8/20撮影。

このところずっと夏らしくない天候が続き、遠出は二の足を踏む状態ですが、
それはそれで悶々としてしまいます。
曇っていても撮り鐵を十分に楽しめそうなところは・・・ということで、
久々に大井川鐡道、もとい川根路のソドー島へ向かうことにしました。
背景を山の樹々などにして、白い空を構図に入れずに撮れる場所が多そうな印象です。

第一橋梁、定番中の定番の赤い舞台。
上路式の長大なガーダー橋は車両が最大に引き立つ、まさに舞台です。

ATSU0152s.jpg

真っ赤なボディの主役がやってきました。
目立ちたがり屋の彼にもおあつらえ向きの舞台といえるでしょう。
スポンサーサイト

太陽を恋しむ花(小田急電鉄)

ATSU9810s2.jpg
新松田~開成の、ある場所にて。8/12撮影。

相変わらず曇りベースの不安定な天気が続いています。
ちょっと遠出したい気持ちもあるのですが、天気予報が直前になって変わったり、
晴れといっても実際は薄曇りだったりして、どうにも計画が立てづらい状況。

そんなわけで今回も安近短の小田急線を物色です。
車窓をキョロキョロしているとおなじみの黄色い花の咲く一角が。
今年二度目の発見です。背景がごちゃついているのが少々難点ですが。

ATSU0020s.jpg

太陽はお休みがちですが、ひまわりたちは律儀に東を向いて咲いています。
お天道さまに片思いの恋をしているような、そんな花々です。
私も太陽が恋しい・・・(いざ晴れたら、暑いのですがね)。

わずかな晴れ間に(小田急電鉄)


秦野~東海大学前の、ある場所にて。8/6撮影。

それにしても曇りがちの日々が続いています。
この日はGPVの雲量予報とにらめっこして、
午後にまずまず晴れ間がありそう・・・とのことで出かけてみました。
晴れていますがムシッとして、空の青みは今一つです。

ここは小田急線としては珍しく、とっても障害物の少ない場所ですが
一部の架線柱にワイヤーがついていますので、列車の顔にかからないように要注意であります。

ATSU9664s.jpg

あれよあれよという間に一面の曇り空となりました。
結局まともに晴れていたのは2時間ほどでしょうか。
やけくそというか半ばお遊びで、ホワイトバランスをいじって撮ってみました。
太陽の光が恋しい今日このごろです。

湯本にて・2(小田急電鉄)


箱根湯本にて。7/30撮影。

この週末も太陽は雲の中ですが箱根は夏休みモードに入りました。
線路端で写真を撮っていると、つい「被写体」としてしか見えなくなってしまいがちですが
私もたまには乗らないとなあ(乗るのはいつも急行・各停ばかり)。

湯本にて(小田急電鉄)

ATSU8971s2.jpg
箱根湯本にて。7/24撮影。

梅雨明けが発表されたものの、かえって曇りがちの日が多くなってしまった関東地方。
白く表情のない空に撮影のテンションは下がりがちになりますが、
こんなときは駅の中で気軽に?・・・駅撮り、もとい駅ナカ撮りというのも一法でしょうか。

ATSU9035s2.jpg

もちろんLSEも。

来年春以降の去就が気になるLSEですが、新型70000形の登場が発表されている一方で、
つい先日こんなリリース(PDFファイルです)もありました。
これに関連して、しばらく続投するのではないか・・・という淡い期待も出てくるところですが、
果たしてどうなるのか。
一人のファンに過ぎない私としては、少しでも悔いのないよう記録に努めるのみです。

Pagination

Utility

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求める小さな旅。下手の横好きな写真たちをご笑覧ください。