記事一覧

そして、最後の梅雨空(小田急電鉄)


栢山~富水の、ある場所にて。6/13撮影。

LSEにとっては最後の梅雨空。
昨年もここで撮っているのですが、最後ということで改めて。

ATSU4672bs3.jpg

菜の花、早苗、そしてアジサイ。
足柄路の一つ一つの季節が、思い出の風景になってゆきます。
スポンサーサイト

はじめましての梅雨空(小田急電鉄)


栢山~富水の、ある場所にて。6/14撮影。

晴れの日はもちろん、どんより空の下でもバラ色のボディが映える新しいロマンスカー、GSE。
はじめましての梅雨空を駆け抜けます。

花と花(小田急電鉄)


栢山~富水の、ある場所にて。6/3撮影。

梅雨入り前の貴重な青空。凛とした美しさを競う線路端の花と小田急線の花。
一瞬の競艶です。

ATSU4277bs.jpg

水鏡、チーン・・・(小田急電鉄)


開成~栢山の、ある場所にて。6/3撮影。

一昨年からしつこく出向いている田植え時期の水鏡撮影。
ついに公式に引退が告知されたLSE、ラストチャンス。
以前よりもクリアな魔法の鏡を求め、ナンとかの一つ覚えで昨年と同じポイントへ。
ただ、この日は通過の1時間以上前からときおり微風がサワサワと・・・。

ダメもとで待ちましたが結果は・・・自然のご機嫌には逆らえないですね。
この続きは来年以降、GSEで改めて楽しむことにしようかな。

(忘備録)
このあたりの線路沿いの水田は1枚当たりの面積が狭く、一方で列車の編成が長いので、
過剰なほどカメラの高さを下げることでなんとか最後尾まで切らさずに映すことができます。
私は脚を平たく広げることができるローポジション対応の三脚を使っています。

麦秋ロード、トコトコと(富山地方鉄道)


稚子塚~寺田の、ある場所にて。5/26撮影。

収穫を待つ麦色の大地。
彼方からトコトコと、雷鳥ばぁちゃんの軽やかな足音が聞こえてきました。

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求めてパシャパシャと。下手の横好きなりに試行錯誤中。