FC2ブログ

記事一覧

傾きゆく光とともに(秩父鉄道)


小前田~ふかや花園の、ある場所にて。12/1撮影。

11月下旬から12月の上旬は、年間で最も日没の早い時期です。
午後の上りパレオはその傾きゆく陽の光とともに走ります。
スポンサーサイト

桧舞台、悠々と(秩父鉄道)

ATSU97792bs.jpg
親鼻~上長瀞の、荒川橋梁にて。12/1撮影。

ELパレオを待つ間に鉄橋を通過した列車の中に、
最長老デキ108号が先頭に立つ空荷(返空)の貨物がありました。
私は貨物の正確なダイヤは知らないのですが、
前回の訪問での経験から、石灰石を積んで昼過ぎにこちらへ戻ってきそうです。
せっかくですので大きくは動かず河原で待つことに。

目論見どおり。桧舞台に、おじぃちゃんが悠々とやってきました。
まぁ、できればもうちょい雲が少ない方が良かったかな。
1000系の引退後から足が遠のいていた秩鉄でしたが、貨物列車、ちょっとイイかも。

(備忘録)
荒川橋梁で確認した貨物の通過時刻
10:02 デキ102号(返空)
11:12 デキ108号(返空)
11:30 デキ502号
(この間に、デキ102号が通過したようです)
13:27 デキ108号
(12/1土曜日に確認。日によって運休する列車があるようです。
また、時刻は私のカメラでの記録データです。)

紅き屏風(秩父鉄道)


上長瀞~親鼻の、荒川橋梁にて。12/1撮影。

「足袋たびきっぷ」を握りしめ、またも出かけてしまった秩鉄。
前回の撮影で、もうちょっと紅葉が保ちそうかな?という印象だったので、ついつい。

散りゆく前の最後の彩を放つ樹々。
その艶やかな屏風を愛でるように、「客レ」がゆっくりと歩を進めます。

スポットライト(秩父鉄道)

ATSU96353bs.jpg
親鼻~上長瀞の、荒川橋梁にて。11/23撮影。

夕刻、帰りがけに寄った名所、長瀞の鉄橋。
雲のイタズラか山の斜面は暗く落ち込み、河原だけに陽が届くという不思議な状況になっていました。
そんなスポットライトのように照らされた鉄橋で一枚パシャリ。

ちょっとした授業料(秩父鉄道)


和銅黒谷~大野原の、横瀬川橋梁にて。11/23撮影。

午後の返しのELパレオはこちらの鉄橋で待つことに。
樹々の色付きは良い塩梅なものの、陰となっている部分がやや多く、
お目当ての通過時刻まで鉄橋に陽が差してくれているのかが気がかりです。
そんなわけで、少々早めの時間から試し撮りを。

13時10分頃に来た貨物。この石灰石を満載した貨物も秩父ならでは。
その後は・・・カラスの大群がやってきて・・・。
陽の低い時期、この鉄橋が明るいのは14時前までといったところでしょうか。
新緑の時期あたりならもう少し融通が利くのかな。
ちょっとした授業料となりました。

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求めてパシャパシャと。下手の横好きなりに試行錯誤中。