FC2ブログ

記事一覧

復活、「正装」カラー(いすみ鉄道)

ATSU5433bs.jpg
大多喜にて。6/23撮影。

久々に家族に許しを得ての遠出(;^ω^)

い鉄の前社長がクラウドファンディングで募った資金により、タラコ色からお色直しの行われたキハ52。
朱色とクリームの二色塗り、国鉄ローカル線の「正装」となって美しく復活しました。
タラコ色も懐かしい装いで嫌いではないのですが、国鉄末期の赤字が問題となった頃の塗装ですので、
どうしてもどこかネガティブなイメージが引っかかっていました。
その点この二色塗りはまだ国鉄ローカル線に活気があった時代のキハの定番の塗装。
手放しで嬉しくなります。

ATSU5575-2bs.jpg
西大原~上総東の、ある場所にて。

この時期ならではの花と競演。
アジサイの名所は数あれど、私はやっぱり線路端が一番です。
スポンサーサイト

九年目の春・2(いすみ鉄道)


小谷松~大多喜の、ある場所にて。3/17撮影。

前回の記事はちょっとネガティブな感じになってしまいましたが、
線路端の菜の花、春の陽気で見頃撮り頃を迎えています。
花の命は「この週を逃すともう・・・」ということが多いものですが、菜の花は花持ちが長いので、
生活や仕事の合間を見計らって出かけている者にとってはありがたいことです。
おそらく次の土日も彩が楽しめることでしょう。
列車と季節感の組み合わせを収める楽しさを初めて感じたのも、
このいすみ鉄道の黄色い情景でした。

九年目の春(いすみ鉄道)


城見ヶ丘~上総中川の、ある場所にて。3/17撮影。

久々のいすみ詣となってしまいましたが。
私の撮り鐵事始めとなった大糸線の国鉄型キハの引退と復活。
そしていすみ鉄道がもっとも華やぐ黄色い春。忘れるわけにはいきません。

ATSU2341rbs.jpg
国吉~上総中川の、ある場所にて。

ここ数ヶ月で、いすみ鉄道では名物社長の退任後いろいろなことがありました。
売店の一部閉店、ムーミンとの提携終了、キハの運行削減などなど。
経営の見直しということなのでしょうけれど、立て続けにこんなに変えなくても・・・と思ってしまいます。
観光で訪れる者(私のような撮り鐵も観光の一種でしょう)にとっては正直寂しい話ばかりです。

そんな中で、前社長がクラウドファンディングによりキハのお化粧直しの資金を募り、
多くの支援を得たことはファンにとっては心強いニュースです。
私も雀の涙ほどではありますが・・・。

昭和のキハ。毎週末当たり前のように走っていて、いつの間にか私も安心しきっていました。
しかし思えば2011年に運行を開始してから9年目、
今年も菜の花に囲まれ走る姿を見られるのは奇跡と言えるのではないでしょうか。
ファンとしても改めて気を引き締めなければ。

(8ではなく9年「目」でした。タイトルも含め訂正します。)

長閑な里に、昭和顔(いすみ鉄道)

ATSU2892bs.jpg
小谷松~大多喜の、ある場所にて。5/5撮影。

い鉄沿線は早場米の水田が広がる長閑な地域。
いち早く稲が植えられ、蛙の声が元気に聞こえてきます(写真では表現できないのが残念)。
そんなシーンには昭和のキハ、そして平成生まれの昭和顔が似合います。

(忘備録)
今年2月からダイヤが変わっているので、キハに対する光線条件も変わっています
(個人的には、以前の方が何かと良かったような)。
キハもここで構図を変え撮影したのですが、とても気になるところに影がかかりドボンでした。
車両自体はきれいに撮れるので、編成主体であれば問題ないと思われますが。
精進が必要です・・・。

移ろいゆく季節(いすみ鉄道)

ATSU2728bs.jpg
国吉~上総中川の、ある場所にて。5/5撮影。

早場米の里。
田植えが大方終わった水田の一角に、小さくも艶やかな花園がありました。
今年も移ろいゆく季節の中で、毎週キハが走ってくれていることに感謝です。

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求めてパシャパシャと。下手の横好きなりに試行錯誤中。