要修行です(小田急電鉄)

ATSU1500s2.jpg
栢山~開成の、ある場所にて。9/18撮影。

午前は秦野かいわい、午後は先週も訪ねた足柄平野の田園へ。
このあたりは前者より田植えが早かったこともあり、
色づきも深まって一部では刈り入れも行われていました。
個人的な好みで言えば、もうちょい田んぼを大きく、列車を小さめに写し込みたかったところ。
まだまだ修行が必要だなあ(;^ω^)

ATSU1535s.jpg

陽がやや色を帯びてくると、西の方から雲が流れてきて表情が出てきましたが、
同時にイヤ~な予感。
LSEが一番の目当てですが、来るものは拒まずで他のロマンスカーも真面目に撮ってみました。
特に6連の列車はLSEに長さが近いので、予行演習にぴったりです。
EXEは色も形も地味な存在で、敬遠してしまうことが多いのですが、
稲穂の色とのマッチングは、まずまず・・・かな?
そして予感通り、LSEのやって来る頃にはお天道さまは雲の中。
まあこればかりはカメラの操作ではどうにも。

週末はたいていどなたか撮影者のいらっしゃるこのあたりですが、
LSEの去就を気にかけてのことでしょうか、この日は特に多かったです。
ただ、カメラを構えるさいに先客の方の画面に被っていないか、
狭い道で通行の妨げになっていないか、そのあたりの配慮はきちんとせねばと思います。
宅地化の進んだ沿線で、撮影しやすいエリアはどうしても限定されています。
来年もまた楽しめる場所であって欲しいもの。
特に農家の方の迷惑にならないようふるまいたいものです。
スポンサーサイト

ポッチリ系の守り神・2(小田急電鉄)

ATSU1058s.jpg
某所にて。9/9撮影。

この日は秋晴れの期待とは裏腹に、あまりに雲量多し。
そんなわけで真面目に撮るのはやめにして、先週見つけた大人向け(笑)のポイントへ。
こんな写真なのであまり意味はないと思いますが、
今回は立ち位置をチマチマ調整して編成を全て入れてみました。

求ム、青空(小田急電鉄)


開成~栢山の、ある場所にて。9/9撮影。

「明日は何をするにも気持ちの良い秋晴れでしょう」
長い間、青空の下での撮影はずっとおあずけとなっていた関東地方。
テレビの予報に期待して稔りの線路端へ・・・
うーん、しかし。現実はそう甘くはなく。

雲間から見え隠れするお天道さまと青空にヤキモキ。
なんとか撮ったまともな晴れカットはこの1枚。
当初は、頭を垂れつつある稲穂が主題の予定ったのですが。
パッチワークのような空を念じながらずっと眺めておりましたとさ。

ポッチリ系の守り神(小田急電鉄)

ATSU0782s.jpg
某所にて。9/4撮影。

9月となり、稔りの時期に入りつつある線路端。
そんな一角で、豊作を願う守り神がずらり。

ATSU0910s.jpg

作りモノだと分かっていても、どうしてもある一点(二点?)に眼がフォーカスしてしまうのは、
私がオッサンだからでしょうか。
まさにポッチリ系の守り神(笑)です。

太陽を恋しむ花(小田急電鉄)

ATSU9810s2.jpg
新松田~開成の、ある場所にて。8/12撮影。

相変わらず曇りベースの不安定な天気が続いています。
ちょっと遠出したい気持ちもあるのですが、天気予報が直前になって変わったり、
晴れといっても実際は薄曇りだったりして、どうにも計画が立てづらい状況。

そんなわけで今回も安近短の小田急線を物色です。
車窓をキョロキョロしているとおなじみの黄色い花の咲く一角が。
今年二度目の発見です。背景がごちゃついているのが少々難点ですが。

ATSU0020s.jpg

太陽はお休みがちですが、ひまわりたちは律儀に東を向いて咲いています。
お天道さまに片思いの恋をしているような、そんな花々です。
私も太陽が恋しい・・・(いざ晴れたら、暑いのですがね)。

Pagination

Utility

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求める小さな旅。下手の横好きな写真たちをご笑覧ください。