お空をチョキッと(富山地方鉄道)


本宮~立山の、真川橋梁にて。5/15撮影。

一応晴れてはいるものの、かすんだ空をカットすべく、山間部の終点近くのこの場所へ。
4月中旬から夏モードのダイヤとなっていて立山まで来る列車が増えているので、
まずまずのペースで撮影が楽しめます。

ATSU7022s4.jpg

どの車両が来るかは運しだい・・・またまたかぼちゃ電車。
他に何本か撮ったのですが、ハロウィンでもないのにかぼちゃ祭りとなってしまいました。
いかにもローカル私鉄という塗装で嫌いではないのですが、
雷鳥(だいこん)色が好ましすぎるだけに・・・。
スポンサーサイト

ムシッと線路端(富山地方鉄道)


釜ヶ淵~下段の、ある場所にて。5/16撮影。

2月、イマイチ消化不良となった地鉄。再び新幹線で日帰り訪問。
結論から言うと、晴れの予報だったのですが梅雨のようなムシッと感で空も白くかすみ、
立山連峰の山並みもどこへやら。
またもや消化不良に・・・う~む。

まぁ備忘録的に、パチパチ撮ってみました。

ATSU6888s.jpg
沢中山~釜ヶ淵の、ある場所にて。

屋敷林のある田園地帯をテクテクと。
立山線の山間区間には何度か訪ねていますが、こちらも魅力的。田植えは約半分が完了でしょうか。
私が訪ねている路線の中では、いすみ鉄道より遅く、小田急線より早いという印象です。
線路端を歩いていると、桜の時期と同様、人の季節の営みも地方それぞれというのを感じます。

つかの間のちてつワールド(富山地方鉄道)


越中三郷にて。2/6撮影。

この日はお空が猫の目、線路端での撮り鐵には向かないコンディション。
こんなときは駅・・・越中三郷でつかの間の昭和を。

ATSU0462s.jpg

青空はどこへやら、あられも降ってきました。

ATSU0478s.jpg

北陸新幹線を降りてわずか20分弱。今も生きるちてつワールドです。

ATSU0617s.jpg

(拍手をたくさん頂きました。ありがとうございました。)

白昼夢のだいこんばぁちゃん(富山地方鉄道)

ATSU0147s2.jpg
電鉄富山にて。2/6撮影。

久々の「ちてつ」こと富山地方鉄道。
地元ファンの方による地道な記録を見て、だいこんばぁちゃん14720形に会いに行きたくなりました。
しかし今は私事の環境の変化で、気ままな撮り鐵旅は難しい身。
一方、間もなく1周年を迎える北陸新幹線を使えば、なんと日帰りができそうです。

あさイチの新幹線で到着し、電鉄富山の改札をくぐると、
グッドタイミングでばぁちゃんが出迎えてくれました。
まだ午前8時台・・・以前では信じられない感覚でした。

ATSU0315s.jpg
越中荏原~越中三郷の、常願寺川橋梁にて。

当初は雪の予報で、雪景色の中での撮影を想像していたのですが、
実際には曇りときどき晴れときどき雨・・・という猫の目天気。
にわかに青空が広がったとき、軽やかな足音があっという間に近づき、そして去っていきました。

(拍手をたくさん頂きました。ありがとうございました。)

生存報告 in 富山(富山地方鉄道)

ATSU6291s.jpg
競輪場前~岩瀬浜の、ある場所にて。11/21撮影。(こちらのみ富山ライトレール)

しばらく更新が開いてしまいました。
先日、富山・金沢へ旅行に行ってきました。といっても、気ままな鐵旅ではなく家族旅行です。
いわゆる観光をメインに、富山名物・路面電車を若干混ぜて家族に趣味への理解を得ようという、
撮り鐵的にはやや苦しい旅となりました(汗)。

富山・岩瀬の街並み観光の合間をぬって、一枚パシャリ。

ATSU6387s.jpg
国際会議場前にて。11/22撮影。

富山城の観光の前に、市内中心部を回る地鉄環状線をちょこっと撮影。くもり空が残念。
環状線、セントラムこと9000形が専用車、と思っていたのですが、
ここまで乗車したのも、次にやってきて撮影できたのもこのサントラムことT100形でした。
共通運用なのでしょうか?

ATSU6357s.jpg
富山駅にて。

新幹線の開業に合わせて、地鉄の路面電車も高架下に新駅を開業させました。
あちこちの地方で鉄道・軌道の肩身が狭くなっている中、新駅とは頼もしいです。
たくさんのポイント、ひっきりなしに出入りする小さな電車たち。
どんな観光地より見応えがあると思うのは、私だけでしょうか・・・(笑)。

ちなみに右の車両がセントラムですが、環状線ではなく南富山~大学前の系統でやってきました。
地鉄は何度か訪ねていますが軌道線は初めて。運用は謎です。

ATSU6458s2.jpg

JR富山駅の看板と最古参・7000形との組み合わせが撮りたく、許しを得て少々粘って撮影。
看板の前に樹木があるので、葉を落とした冬場限定のアングルでしょうか、ちょっとラッキーでした。

もうちょっと、いろいろ撮りたいところですが・・・家族の目が冷たくなってきたため、
今回はここでお開きです(汗)。

Pagination

Utility

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求める小さな旅。下手の横好きな写真たちをご笑覧ください。