記事一覧

楽園のカーブ(いすみ鉄道)

IMG_5617s.jpg
久我原~東総元の、ある場所にて。

開業当初から走ってきた、こじんまりとしたスタイルの、いすみ200'型。
キハの導入など、明るい話題の陰で、ちょっとづつ、でも確実に仲間を減らしている。
楽園のジオラマのような、い鉄の春の線路端。
改めてパチリと撮ってみると、やっぱりこの舞台にピッタリはまる、大事な役者だなぁ。

(今回の春は先週今週ともに、残念ながら天候に恵まれませんでしたので、
少しでもそのデメリットが気にならなさそうなこの場所周辺で撮りました。次回は天気になぁ~れ)
スポンサーサイト

お花見急行(いすみ鉄道)


久我原~東総元の、ある場所にて。

昭和のキハがカップルとなってから、初めての春。
ここは二人にとって、楽園の散歩道。まさにお花見急行。
菜の花はちょっと少なめ・・・でしたが、
そのぶん、ニハチばぁさんの塗りたてのツートンカラーが華を演出してくれました。

ありがとう、渋谷駅。そして(東急東横線)

IMG_5334.jpg
(旧)渋谷駅構内にて。

東横線・渋谷駅の地下化によって高架の駅が廃止となり、一週間がたった週末。
この大ターミナルにお別れをするにあたり、謝恩イベントが行われた。
内容は渋谷駅の写真展、新・渋谷駅でも発車メロディを作曲した向谷実氏のライブ、
構内の線路に降りてのバラスト拾い企画など。
15日の夜以来、この大きな屋根の下が、老若男女たくさんの人々で埋め尽くされた。
しかし全く、いわゆる人ごみのような感じ、せわしない感じがしない。
ゆったりとした、暖かな空気が広がっていた。
それは来場した一人ひとりが、この駅への想いを持ち寄って、
それぞれに自分のペースでイベントを楽しんでいたからだろう。

IMG_5316s.jpg

「ステーションパーク」と銘打った今回のイベント。
まさに、この週末限定の、まぼろしの公園となった。
この渋谷駅で、こんな気持ちになったのは初めてだった。
なにより、訪れた人たちの空気感が暖かかった。
ありがとう、渋谷駅。そしてたくさんの来場者のみなさん。

(3/26追記 1枚目、顔が少々写り過ぎていたため、差し替えました)

黄色い鉄路をエスコート(いすみ鉄道)

IMG_5168s.jpg
東総元~久我原の、ある場所にて。

春のダイヤ改正後、週末の朝から夕方まで活躍することになった凸凹カップル。
黄色い鉄路の線路端で待っていると、踏切が鳴り、
おなじみゴーニーじぃさんを先頭に、ゆっくりとゆっくりとこちらにやってきました。
それは富山からとついで間もないニハチばぁさんを、優しくエスコートするかのようでした。

黄色い季節、今年はどうかな(いすみ鉄道)

IMG_4977s.jpg
上総東駅至近にて。

3月も半ばを過ぎ、春の訪れが各地で聞こえてくるようになりました。
私としては、やっぱりここ、いすみ鉄道の菜の花や桜の風景が気になります。
あっちこっち、車窓から見たり歩いてみたりしたのですが、
人気のスポットの菜の花のボリュームは、若干さびしいかな?・・・という印象でした。
どうやら、種をまいた後に大雪が降ったせいで、ちょっと弱ってしまっているのかもしれない、
という話も聞きました。

だからといって、撮らないわけにはいかないでしょう。
ここ最近、車両のバラエティも大幅に増えていますしね。
というわけで、まずはお手軽に、カクカクイエロー・いすみ300を駅の隅っこでパシャリと。

ちなみに線路端各所の桜は、3分咲き前後でしょうか。東京より遅いんですね。

「これまで」そして「これから」へ(東急東横線)

IMG_4900s2.jpg
東横線・代官山駅至近にて。

いよいよジモ電・東横線に、大きな変化の嵐がやってきた。
YからTへ、その先へ。
この場所が、そう、「これまで」そして「これから」への道標。

こんなの撮れました(笑)(いすみ鉄道)


上総中川~国吉の、第二五之町踏切にて。

午後の大原行きは進行方向に太陽の光が当たらない・・・というわけで、こんな角度で撮ってみましたが、
突然、構図に入った誰かさんがなんとゲスト出演(笑)。
こんな偶然も、い鉄ならでは?

誕生、昭和の凸凹カップル!(いすみ鉄道)

IMG_4117s.jpg
大多喜~城見ケ丘の、第三夷隅川橋梁にて。

本日3月9日、春のダイヤ改正を待てずに昭和な凸凹カップルが誕生、フライングスタートを切りました。
新郎はすっかりおなじみの「キハ52-125」ことゴーニーじぃさん、
そして新婦は高山本線からやってきた「キハ28-2346」こと二ハチばぁさん!
夷隅川を渡るカーブした鉄橋は、ささやかなバージンロード。
人生経験豊富な二人の、新たな門出です。

壁(東急東横線)

IMG_3957s.jpg
渋谷駅構内にて。

渋谷駅にカメラを持った人がいよいよ増えてきた。最後のときが近づいてくるのを感じる。
おっと、記録しておきたかったものを一つだけ残していた。

1番線・・・この大ターミナルを象徴づける、東急の社紋をデザインした壁。
春を前にして、この壁もたくさんの人々の記憶の彼方へと去ってゆくのだろう。

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求めてパシャパシャと。下手の横好きなりに試行錯誤中。