芽吹くみどり、進む季節(いすみ鉄道)

IMG_1535s2.jpg
小谷松付近にて。4/26撮影。

冬の間、永くずっと続くのかと感じられたモノトーンの線路端ですが、
待ちに待った春の花が咲き、そして散っていくと、あっという間にみどりの芽吹く世界に。
下手の横好きながら写真を撮っていると、季節って確かに流れているんだな・・・
ということを、以前より強く感じます。

やっぱり、ニハチばぁさんのお顔、スッキリしていますよね?
美容パックをはがした後のような・・・(笑)
さて反対側のゴーニーじぃさんのお顔は?撮影はちょいと失敗してしまったので、またの機会に・・・。

スポンサーサイト

のんびりパシャリ(いすみ鉄道)


上総東~西大原の、ある場所にて。

毎年恒例の、菜の花列車の時期が終わったいすみ鉄道。
私も含め、大勢のカメラを持った人でにぎわった線路端も、落ち着きを取り戻し、
アングルフリーで、のんびり、まったりとパシャリ。

IMG_1425s.jpg

早々に田植えも終わり、また季節を一歩先取りしていく、いすみの里です。
ところで、ヘッドマークは別として、ニハチばぁさんのお顔がなんとな~くスッキリしているような?
ん・・・気のせいか。

追記になりますが、以前の記事で西大原駅前の床屋さんの自販機がなくなったと書きましたが、
駅前の道を少し大原方向に行った自動車販売店の前に、飲み物の自販機を確認しました。
これからの時期、撮影のさいに水分補給が不足するとつらいので、忘れずに準備を・・・。

いのち、わきだす(わたらせ渓谷鐡道)

IMG_1307s2.jpg
神戸(ごうど)にて。4/12撮影。

いのちのエネルギー、わきだす春。

(4月25日追記:たくさん拍手を頂き、ありがとうございました。おそれいります。)

わ鐵の色、力強く(わたらせ渓谷鐡道)

IMG_1346-sumi-s2.jpg
神戸付近にて。4/12撮影。

花々をゆっくり愛でながら、小さな列車がやってきます。
神戸駅の花桃の色は、春の生命のエネルギーを強く感じさせてくれる色。
そして将来に向かって、わ鐵の存続を強く願う色のように思います。

IMG_1359s.jpg

夕方の最終便の、わっしー6号。
この春のダイヤ改正により、わっしー号・わたらせ渓谷号の時刻が全体的に30分程度早まりました。
撮影を楽しむ側にとっては、山や木々の影で暗くなる前に撮影できる場所が多少増えているかも?
まだ先ですが特に秋、ちょっと期待したいです。

ところでこの神戸駅のたくさんの花桃たち、列車の利用をすすめたいという思いで植えられていて、
わ鐵の公式サイトやあちこちの旅行サイトにも、駐車場の用意はないなど、その旨が記載されています。
乗車した車内も盛況でしたが、一方、駅近くの道路には朝から撮影者の路上駐車の長い列が・・・。
あちらこちらにオブジェのように立ち並ぶ、何時間も主の不在な三脚がニョキニョキと。
彼らは何をしに来ているのでしょうか・・・写真が撮れればそれで良いのでしょうか?

花景色、大いに楽しめましたが、その点だけは違和感を感じてしまいました。

花ステーション・華列車(わたらせ渓谷鐡道)


神戸(ごうど)にて。

桜前線が急ピッチで北上中の今日このごろ、北関東で頑張るローカル鉄道・わ鐵にも春がやってきました。
ここ神戸駅は、300もの花桃たちがなんとも濃厚な色合いで構内をいろどる、花ステーション。

IMG_1191s.jpg

花桃の色に負けじと、わっしー号も自慢の濃厚なカラーリングをビビッとギャラリーに振りまいてゆきました。
わ鐵ならではの、春だなぁ。

(ちなみに、わっしー号の行先のLED表示は、シャッター速度1/500以下の低速できちんと写るようです。)

ジモザクラ(東急東横線)


中目黒付近にて。

ジモ電の桜の名所・中目黒。
春の象徴を求めて、にぎやかに集う人々。
そして東横線にも、直通開始から1年、すっかり板についた色とりどりの電車たちが、
にぎやかにやってきます。

IMG_0975s.jpg


Pagination

Utility

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求める小さな旅。下手の横好きな写真たちをご笑覧ください。