秋のコーデ(都電荒川線)


学習院下~鬼子母神前の、ある場所にて。

今年もあと一ヶ月。ゆっくり色づいてきた、線路沿いのイチョウ並木・・・
流行のファッションにはとんと疎いオッサンだけど、色とりどりの電車が次々にやってくる荒川線。
せめてお気に入りの電車のコーディネートにはこだわってみよう。

IMG_3477s.jpg

(たくさんの拍手ありがとうございました。恐縮です。)

スポンサーサイト

最終コーナー、秋色前線(都電荒川線)


飛鳥山付近にて。

例年に比べてやや長かった印象の秋ですが、東京のイチョウも色づきはじめ、秋色前線も最終コーナーへ。

IMG_2897s.jpg

レトロ塗装の7001号、公式サイトのこちらの情報を利用して撮れるときに撮っていますが、
小さめに写してもピリッと存在感を主張してくれるのがありがたや。

寄り添うように(わたらせ渓谷鐡道)


水沼~花輪の、ある場所にて。11/15撮影。

最後の秋色を名残惜しむかのように、寄り添うように。ゴットン、ゴットンと。

以下、備忘録になりますが、初めは第二渡良瀬川橋梁の近辺で撮ろうと考えていたのですが、
目星をつけていた今月上旬の天候が今ひとつ・・・いつの間にやら中旬となってしまったこの日は、
それより標高の低い区間での撮影に切り替えました。
わ鐵は大間々から間藤に向けて延々と上り勾配となっており、500mほどの標高差があります。
そのため、沿線全てが同時に色づくわけではないのです。
それでも落葉が進んでいて、なかなか思い通りとはいきませんでしたが・・・。

まぁ、簡単には思い通りに撮れないからこそ、また挑戦したくなるのでしょうけれども。

#MG_2507s2

(たくさん拍手を頂き、ありがとうございます。)

ググッとわっしー号(わたらせ渓谷鐡道)


花輪~水沼の、ある場所にて。11/15撮影。

わ鐵の定番撮影スポットの一つ、小さな取水堰を臨む場所。
秋に撮影したものはあまり見かけないので、どうかなと思い、今回訪ねてみたところ、
画面手前方向が枯れ草で荒れた感じになっていて、ちょいと撮りづらい印象・・・。
近づいて広角気味にしてみたところ、堰よりも、ググッとわっしー号が主張する結果となりました。
う~む・・・ここは機会を改めて、再履修かな?

晩秋を追いかけて(わたらせ渓谷鐡道)


大間々~上神梅の、ある場所にて。

ここ数日で冬型の気圧配置が強まり、冷たい木枯らしが吹き続けている関東地方。
わ鐵の線路端からも、あれよという間に駆け足で秋が去ってゆくかのよう・・・。
それを追いかけるかのように、秋色の小さな列車がトコトコと小走りでやってきました。

色づいてはきたものの(わたらせ渓谷鐡道)


原向付近にて。

わ鐵の紅葉、沢入以北の末端区間を中心にだいぶ色づいてきたようです。
というわけで出かけてはみたものの、空には分厚く塗り込められた雲が一面にべったりと・・・。
予報では群馬・栃木は日中は晴れるとのことだったのですが。
まだまだへっぽこ撮り鐵の私は、どんより空を入れずに撮るのが精一杯の抵抗でした。

IMG_1965s.jpg
通洞~原向の、第二渡良瀬川橋梁にて。

ちょっと昔の私鉄電車のような、クリッとした丸目が個人的にお気に入りの、わ89-300形。
開業時から在籍の最古参ということもあり、フリーきっぷの絵柄を見ると、先はそう長くはなさそうです。
撮れるときに、トロッコ列車よりもちょいと優先して、記録・・・っと。

(たくさんの拍手ありがとうございました。恐縮です。)

Pagination

Utility

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求める小さな旅。下手の横好きな写真たちをご笑覧ください。