記事一覧

あじさいの定番、復活(いすみ鉄道)

ATSU5048s.jpg
小谷松にて。6/21撮影。

あじさいの駅として知られる小谷松駅。
昨年は少雨の影響からか花が寂しい状況で、撮るのをあきらめてしまったのですが、
今年は艶やかな花々が復活。地元のボランティアの方の剪定のおかげも大きかったようです。
東総元方はピンクのあじさいが印象的。

ATSU5321s.jpg

一方、大多喜方は涼しげな青系が中心。
こちらからは横位置でワイドに撮った作例を見かけますが、あまのじゃくをして縦位置で・・・
う~む、どうもこじんまりとまとまり過ぎてしまったかなぁ?
まだまだ修業が必要なようです。

(たくさんの拍手、ありがとうございました。恐縮です。)
スポンサーサイト

初夏、花散歩(いすみ鉄道)

ATSU4816s2.jpg
上総東~西大原の、ある場所にて。6/17撮影。

ムシムシ・ジットリと、過ごしにくい時期に入りつつありますが、
そんな中、涼を与えてくれるのがあじさいの花たち。
昭和のキハのカップルも、線路端の花々を愛でようと、いつものように手をつなぎお散歩。

レストラン列車の関係で、このところ水曜日にも運転されることの多いキハ。
キハ28の方向幕は、前回同様に木原線風のものでした。

ATSU4861s2.jpg

期間限定の花々なので、キハだけ撮って撤収・・・はちょっともったいない。
ムーミン列車でもパチリ。
ビビッドな装いは単行でも十分に写真映えして、撮ってみると意外に楽しいものです。

今、線路端から(いすみ鉄道)


大多喜~城見ケ丘の、第三夷隅川橋梁にて。6/10撮影。

他の地方に先がけて、一足早く田植えの行われるい鉄沿線。
いつの間にかすくすくと緑のじゅうたんとなり、水面を覆いつくさんとしています。

ATSU4467s2.jpg
上総東~西大原の、ある場所にて。

米どころ、山間に分け入る直前まで続く水田地帯・・・
以前、国鉄型キハのお名残乗車をした大糸線や花輪線などでも、こんな景色を見たことがあったような。
そのときは車窓からの景色で十分、満足したつもりたっだけれど、
それをこの「今」、線路端からのんびり撮ることができるのは、なんともありがたいことです。

(たくさんの拍手を頂き、ありがとうございます。)

夏の足音(京王井の頭線)


明大前~東松原の、ある場所にて。6/7撮影。

この日も井の頭線のあじさい参り・・・
っと、車窓をキョロキョロしていたところ、可憐な花が咲く一角が。予定変更。
タチアオイ・・・高く伸びた茎の下から上に向かって咲いてゆき、
上の花が終わる頃に梅雨が明けるとも言われる、夏の足音を感じさせる花です。

ATSU4313s2.jpg

(拍手をたくさん頂き、ありがとうとざいました。)

駆け足で・・・あじさいの季節に(京王井の頭線)


高井戸~浜田山の、ある場所にて。

5月の気温がかなりの高温傾向だったからか、近所のお宅の庭先や公園などのあじさいが、
ちょっと駆け足ぎみで咲き出してきたように思います。
ふと思いたち、井の頭線のあじさいをちょいと見に行ってみることに。

都内では地味な印象の路線ですが、環境保全のために線路端のあちこちにあじさいが植えられ、
しっとりとした色合いが、通勤通学のお客の目を楽しませてくれているのです。

ATSU3376s2.jpg

このあたりを含め、これから本番を迎えるあじさいラインといった印象。
ちなみに昨年はなかなか雨が降らず、花の痛みが目立ってしまっていましたが、今年はどうでしょうか。
これから梅雨入り、雨がほどよく降ってくれることを願いたいです。

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求めてパシャパシャと。下手の横好きなりに試行錯誤中。