もう一つのランドマーク(岳南電車)


岳南原田にて。1/24撮影。

富士山は岳南電車沿線のランドマークと言える存在ですが、
それ以上に印象的なのが製紙を中心とした工場群です。
複雑に入り組んだ配管、大きなタンク、そして空高く伸びた煙突の林。
これもまたランドマークです。

ATSU9923s.jpg
吉原~ジャトコ前の、ある場所にて。

線路をまたぐ道路の歩道からの撮影。
こうした場所は視界を邪魔する金網があるのがお約束ですが、
望遠レンズを使い絞りを開き気味にすると、金網がボケて写らなくなる・・・
というのをどこかで見て、実践してみました。

ふむふむ、これはなかなか使えます。
レンズの先をできるだけ金網に近づけるのがコツのようです。
スポンサーサイト

富士山つながりで・・・岳南電車(岳南電車)

ATSU9637s.jpg
ジャトコ前~吉原の、ある場所にて。1/24撮影。

富士山と鉄道というと、私にとって身近で親しみがあるのは小田急線ですが、
たまには少し足を伸ばしてみよう・・・ということで、
全ての駅から富士山が見えるという静岡県東部のミニ路線・岳南電車へ。
真っ赤なお面をつけた小さな電車が約30分間隔で運行されています。

ATSU9736s.jpg

ここは製紙をはじめとした工業の盛んな町。
工場や倉庫、住宅が建て込んだ中を、富士に見守られながらトコトコと進みます。

他の鉄道では見られない特徴のある風景なのですが、
電車と一緒にスッキリ撮影できるところがなかなかなく、難儀。
アッチにも、コッチにも電柱・電線が、がっ。
鉄道、特に電化路線を撮っていると、そうしたものの処理に悩むことが多いですが、
今回はかなりの難度だったなぁと思います。

ATSU9943s.jpg
吉原にて。

頂に電線が引っかからないよう、中腰で構えました(笑)

好きな車両は編成写真(小田急電鉄)


栢山~富水の、ある場所にて。1/10撮影。

周りの季節の風景もろもろと組み合わせて撮ることの多い私ですが、
鉄道写真の基本のキ・・・車両そのものを大きく撮る編成写真も嫌いではありません。
特に大好きな形式は、やっぱり編成写真も押さえたい。

鐵ちゃん以外に見せても「ふ~ん」で終わりそうなこんな写真。
でも良いのです。ロマンスカーLSEが大好きなのだから。

青空ヨシ・富士山ヨシ(小田急電鉄)

ATSU9314s.jpg
新松田~渋沢の、ある場所にて。

青空ヨシ・富士山ヨシッ、そしてトラックなしっ(笑)。
昨年末の宿題、なんとか完了しました。

ATSU9303s.jpg

日頃お世話になっている通勤電車8000形でも撮ってみました。
アイボリーに青帯をキリリと巻いた姿、明快でなかなか写真映えするスタイルではないでしょうか。

昨年ブログにお越しいただいた方々、ありがとうございました。
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
仕事・生活の合間を縫っての趣味活動のため、
更新は牛歩になってしまいますが、マイペースで続けていきたいと思います。
よろしくお願いします。

Pagination

Utility

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求める小さな旅。下手の横好きな写真たちをご笑覧ください。