記事一覧

曇天でもハレ舞台(小田急電鉄)

ATSU3735b.jpg
新宿~南新宿の、ある場所にて。10/28撮影。

10月最後の週末もあいにくの曇り、雨の予報。もう、ため息をつくしか・・・。

とはいえ、いつもの習慣でロマンスカーの空席照会(ファンは必見)をチェックしていたところ、
普段はVSEが担当する「スーパーはこね13号」にLSEが運用されるとのこと。
曇りでも記録として、まあそれなりに撮れそうなスポットは・・・
古くから知られた場所ですが新宿駅至近の踏切でパシャリ。

(11/1 レイアウトを変更し、写真を再アップしました)
スポンサーサイト

雨は駅ナカ撮り(小田急電鉄)

ATSU3409sl.jpg
和泉多摩川にて。10/22撮影。

台風を前にした日曜日。止むことのない一日中の本降り。
かといって家でじっとしているのも性に合わず・・・。
某選挙の投票のついで(ん、どっちがついで?)に濡れずに楽チンできる駅ナカ撮りに。

ATSU3628sl2.jpg
相模大野にて。10/22撮影。

雨で妖しく光る線路をたくさん撮りたい、というわけで線路がいっぱいの駅へ。
ここは、頻繁に手前の線路を当駅止まりの電車がゆるゆると回送で「通せんぼ」してくれるので、
ついムキになってしまいました(;^ω^)
何度目かでなんとかミッション修了。

みどりの中を走る列車が好きで、本厚木より西側を訪ねることが多いのですが、
太いレールが敷き詰められたさまを見ると小田急が大手私鉄であることを実感します。

コスモス(小田急電鉄)

ATSU3340b2.jpg
新松田~開成の、酒匂川橋梁にて。10/13撮影。

天候不順でも線路端の季節のサインは着実に移り変わってゆきます。
そういえば昨年も気持ちよく晴れる日が少なかったような。
詳しくはありませんが、気候の構造が変わっていっているのでしょうか。
台風も近づいていて、天気予報のサイトにあちこちかじりついてしまう今日このごろ。

ロマンスカーのカレンダーに(小田急電鉄)

ATSU8803-sep-b.jpg
栢山~開成の、ある場所にて。2015年9月12日撮影。

拙ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
毎年この時期から、小田急ではロマンスカーを主題にしたカレンダーを発売しており、
それに使用する写真を広く一般から募集していますが、
来年2018年のカレンダーに私の写真を1枚、採用して頂けることになりました。
定番ではありますが大好きな足柄平野の田んぼの脇で撮ったものです。

あくまで趣味、私自身の満足のためにテツっている私ですが、
ちょろちょろ小田急線の線路端に出没している私としては、
いつの日か自分の撮った写真をカレンダーに・・・と思っておりました。
一方で採用された他の方々の作品を拝見すると、
夕方や逆光といった私の経験が少ない状況で撮られた作品が印象的に残り、
まだまだ試行錯誤せねばなあ、勉強が必要だな・・・と感じたしだいです。

今月10日から小田急の駅の窓口や売店などで販売中です。
よろしければ一度、現物をご覧くださると嬉しいです。

(11/7 写真の縮小によるギザギザが気になったため、差し替えました)

快走、稔りロード(小田急電鉄)

ATSU3066b.jpg
伊勢原~鶴巻温泉の、ある場所にて。10/9撮影。

撤収作業の進む中、ダメもとで掛け干しの残っている個所を求めてテクテク・・・
線路の北側に残っている一角を発見。手前に向かって幅が広く掛けられているナイスポイント。
北側なので列車の側面には陽は当たりませんが、このさい、気にし過ぎては・・・ね。

一方、背後の空には怪しい雲がワラワラと。
ここは来る者は拒まずで、VSEをゲッツ。
その後のLSEは・・・?予定通り太陽は雲隠れとなりました。チーン。

(11/7 写真の縮小によるギザギザが気になったため、差し替えました)

収穫終わって・2(小田急電鉄)

ATSU2838s.jpg
鶴巻温泉~伊勢原の、ある場所にて。10/9撮影。

曇り空の多かった夏。
9月に入っても思うように秋晴れに恵まれることは叶わず、10月に入ってしまいました。
ようやく休みと天気がかみ合ったこの日、前回の稲の掛け干しの再履修と相成りました。
だいぶ撤収されてしまっていて、残っていたささやかな一角で。

ATSU2898s.jpg

写真撮影は晴れの日が全てではないとは思いますが、久々の青空。
シャッター速度を気兼ねなく上げてパシャパシャするのは気持ちの良いものです。

収穫終わって(小田急電鉄)

ATSU2400s3.jpg
鶴巻温泉~伊勢原の、ある場所にて。9/30撮影。

田園地帯が点在する小田急線の県西区間。
みどりに乏しい地域に住む私にとって、
安近短でお手軽に季節を感じながら撮影を楽しむことのできるエリアです。

9月下旬は稲刈りシーズンになっていますが
一部に刈り取りをした後に昔ながらの天日干しを見ることができます。
現代では機械によって乾燥させるのが一般的になっていますが、
作業を終えて話しかけてきた農家の方によると
時間をかけて掛け干しをすると「甘味が出る」とのこと。

ATSU2292s3.jpg
鶴巻温泉~伊勢原の、ある場所にて。9/30撮影。

撮影の方は当初晴れ予報でしたがすっかり外れてあいにくの曇り。
こうした場合、第一になるべく白い空を入れないように・・・と考えますが、
どうしても構図が制限され、広がり感に欠ける雰囲気になってしまいます。
難しいところです。まだまだ精進が必要だなあ。

ATSU2545s3.jpg
栢山~富水の、ある場所にて。9/30撮影。

以前、色っぽいお姉さんに遭遇した場所の付近にも掛け干しがありました。
ちょっと背景がごちゃついていますがせっかく発見したので撮ってみることに。
通勤電車7両相当の長さのLSEは厳しい結果で、
ギリギリあつらえたように6連の各停がどんぴしゃりでした(;^ω^)

ただ、やはり青空・・・とまではいかなくとも、お天道さまの助けが欲しいところです。
次こそは晴れの日を見極めて、と思いますが、どうなりますことやら。

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求めてパシャパシャと。下手の横好きなりに試行錯誤中。