FC2ブログ

記事一覧

ちてつ発作が・・・(富山地方鉄道)


越中三郷~越中舟橋の、ある場所にて。5/26撮影。

半年ぶりに、「地鉄分」を欲してしまう発作が・・・(;^ω^)
車両、風景とも魅力いっぱいの地方私鉄の雄・富山地方鉄道です。

今回もオリジナルの雷鳥電車、できれば最長老にしてキュートな14720形(雷鳥ばぁちゃん・勝手に命名)
に会いたいなあ・・・と思いつつ、下り電車に乗り偵察を。
ほどなく、なんと舟橋駅での交換相手がばぁちゃん。幸先の良いスタートです。
さっそく早苗の線路端に降り立ち、下りとして戻ってきたばぁちゃんをありがたく収めました。
スポンサーサイト

艶姿、にじませて(小田急電鉄)


開成~栢山の、ある場所にて。5/22撮影。

田植え前後の水が張られた水田。
この時期の鐵活として、やはり撮りたくなるのがその水鏡に写る列車の姿です。
チャンスは無風が期待できる朝、そして夕方。
代走の関係で良い塩梅の運用にLSEが充当されるということで、田んぼの脇で構えていたものの
どうにも風が止まず・・・。

夕陽に染まった流麗な姿、にじんだそのありさまもこれはこれで・・・かな?

米どころ、準備万端(小田急電鉄)

ATSU3352bs.jpg
開成~栢山の、ある場所にて。5/22撮影。

初夏を前にして、例年どおりに小田急線イチの田園地帯、
足柄の里の田んぼがいよいよ動き出してきました。
何度も訪ねている定番のスポットでも、田植えの準備がびしっと整列です。

3395rtbs.jpg

訂正です・・・富士フィルム・PHOTO ISの件



以前、拙ブログで記事にした富士フィルムの参加型写真展「PHOTO IS」の件です。
締切(5/25)が近づき、写真店にて応募用の台紙を入手したところ、
「鉄道のある風景」部門で応募する場合、選べる会場は鉄道系の博物館のみとなっていました。
昨年は全ての会場を選ぶことができ、東京・六本木の会場を指定したのですが。
以前の記事で誤解を招く表現をしてしまいました。申し訳ありません。

ちょっと困った。個人的には、写真は好きだが鉄道にはそれほど関心のない人にも見て頂きたいなぁ、
という押しつけがましい欲求があるのです。
一般部門で応募すべきか・・・。

鮮やかに、フラワーライン(その2)(都電荒川線)

ATSU3082bs.jpg
荒川遊園地前~荒川車庫前の、ある場所にて。5/12撮影。

バラのスポットはこの遊園地~車庫前の区間や三ノ輪橋駅など例年通り。
線路脇の小さなスペースに苦心して鮮やかに植栽されています。

まずまずの天気と花に誘われ、カメラを持った人があちらこちらで見られた(私もその一人)のですが、
こちらが構えて待っている目と鼻の先で何の迷いもなくスマホやカメラを構える腕が・・・。
撮るときは後方をちらりと見やって、先客がいないか確認しましょうよ。
鉄道の撮影、シャッターチャンスは限られるのですから。
それにいきなり構えて満足なものが撮れるとは思えません。

まあ、ここは都電、電車は次がすぐに来るので今回はガマン。
そのおかげか、そそくさと彼らが去った次の1本は幸せの黄色でしたよ。

鮮やかに、フラワーライン(都電荒川線)

ATSU3063bs.jpg
荒川区役所前~荒川一中前の、ある場所にて。5/12撮影。

桜の時期以来、季節の進行が平年よりかなり速く感じます。
都電名物、線路端のバラがすでにGW終盤で咲いているという情報を得て、
久々に都電でちょい鐵してきました。
以前、狙って撮っていた7001・7022号は引退してしまったし、電車はちょっと待てば次のが来るので、
ある意味で気を張ることなく撮影を楽しみました。

ATSU3009bs.jpg

長閑な里に、昭和顔(いすみ鉄道)

ATSU2892bs.jpg
小谷松~大多喜の、ある場所にて。5/5撮影。

い鉄沿線は早場米の水田が広がる長閑な地域。
いち早く稲が植えられ、蛙の声が元気に聞こえてきます(写真では表現できないのが残念)。
そんなシーンには昭和のキハ、そして平成生まれの昭和顔が似合います。

(忘備録)
今年2月からダイヤが変わっているので、キハに対する光線条件も変わっています
(個人的には、以前の方が何かと良かったような)。
キハもここで構図を変え撮影したのですが、とても気になるところに影がかかりドボンでした。
車両自体はきれいに撮れるので、編成主体であれば問題ないと思われますが。
精進が必要です・・・。

移ろいゆく季節(いすみ鉄道)

ATSU2728bs.jpg
国吉~上総中川の、ある場所にて。5/5撮影。

早場米の里。
田植えが大方終わった水田の一角に、小さくも艶やかな花園がありました。
今年も移ろいゆく季節の中で、毎週キハが走ってくれていることに感謝です。

いざトンネルへ?(いすみ鉄道)


上総中川~城見ヶ丘の、ある場所にて。4/30撮影。

意外かもしれませんが、長閑な田園風景がメインのい鉄には全線、トンネルがありません。
乗車していると斜面が迫ってきて、この先はトンネルに入るのかな?
という雰囲気の切通しはいくつかあるのですが。
大糸線・・・有数の山岳路線でエンジンを唸らせ働いてきたタラコじいさんとしては、
そのあたりがちょいと物足りないところ?
そんな切通しの一つを見下ろすポイントから、山越えのトンネルにいざ・・・
という勝手な空想で一枚。

すっぴん顔が一番なのです(いすみ鉄道)


上総東~西大原の、ある場所にて。4/30撮影。

い鉄のキハ、土日はヘッドマークが付きますがそれ以外の休日は付きません。
そんな姿を久々に無性に撮りたくなってみどりの森の線路端へ。
ヘッドマークは華があって良いけれど、具体性を減らして、
乗る人、撮る人それぞれが思い出のローカル列車の記憶をたどることができるノーメイクのすっぴん顔。
機会は限られてしまうけれど、そんな顔が私は一番好きです。

プロフィール

もそあつ

Author:もそあつ
関東周辺、まったりした鉄道車両・風景を求めてパシャパシャと。下手の横好きなりに試行錯誤中。